2006年08月16日

混沌の時代

江畑です。
お世話になります。メ−ル頂きA様の思考錯誤分かる気がしま
す。

この考えの混沌は時代の変わり目なのです。確かに、ITコ−ディ
ネ−タの集まりでA様とお知り合いになれました。私はこのと
きに何故か違和感を感じていました。

私が感じたことは「この時代終わったな!」と思いました。と言う
のは私が会社を興したのは16年前、大型パソコンからダウンサイ
ジングの時代でした。IBMからマイクロソフトへ主役が変わろう
としてました。会社の基本戦略は
1.エンドユ−ザへのソフト開発
2.パソコン販売、クライアントサ−バ方式
3.システム保守(ハ−ドウェ−ア・ソフトウェ−ア)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
この時代は2000年まで商売として可能でした。以前のITコ−
ディネ−タの集まりは過去の栄光をもう一度の人々が昔、大型コン
ピュ−タのCobol開発を行ってきた世代が熱く語ってるようです。
以前にも言いましたが、私のビジネス自体ビジネスモデルでなり得
なくなりました。

もし、A様がエンドユ−ザコンピュ−タをするならエンドユ−
ザのシスアド級の人がいいかもしれません。素人はス−パのパソコ
ンスク−ル1時間1,400円程度です。手を出す商売では無いと
思います。

今、時代が動いてる根幹の原因はインタ−ネット手法です。この導
入で私の仕事も大きく変わったのが
1.仕事時間が睡眠以外はすべて仕事時間になったこと、時間をか
ける割には儲かっていない。
2.仕事がお客さんのとこに行かなくても仕事が可能になりました。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
一番が、あっちの世界かこっちの世界の比較です。自分の仕事が
あっちの世界かこっちの世界を当てはめてみましょう。
マイクロソフトのサ−バ構築、システム開発やサポ−トはこっちの
世界です。Googleを中心にWebのホスティングやWebアプリケ
−ションはWebメ−ルもあっちの世界です。

近い時代、間違いなく「こっちの世界」の商売は苦戦していきます。
仕事は無くなりませんが、当たり前の技術では競争が多くて利益が
とれなくなります。

総務省はITのE-japan構想を終えました。次にU-japan構想に向か
おうとしてます。国の予算もITでは終息しています。
総務省 ICT ユビキタス構想
http://www.soumu.go.jp/s-news/2004/040827_7.html

A様の混沌とした不安はここにあると思えます。
できる技術と商売になる必要なニ−ズは違っています。
現在のITに関わってる人の漠然とした不安です。方向が見えない
故です。


B様もエンドユ−ザコンピュ−ティングのエリ
アです。この技術をユ−ザに委譲するのであればまだニ−ズはあり
ますが、自社でユ−ザの代わりに作ってあげるニ−ズは今は終わり
ました。

それは昔のOA時代には可能でしたが、IT時代ではそれは難しい
と思います。何故か、OA時代は開発商売にする人が1万人でした
が、今のIT時代は10万人はいるでしょうね。それだけ開発でき
る人たちの競争なのです。

高い物は所有するから借りるASPに流れが変わってきました。
これからほとんどの業務アプリケ−ションはそうなるでしょう。

マイクロソフトのビルゲイツはCEOを辞めました。こっちの世界
の終焉です。同時にライセン商売の崩壊です。今後はサ−バはオ−
プンソ−スであるLinuxやアプリケ−ションはThinkFree Officeに
変わってきます。言語はWeb開発系のPealやJavaが当面主役を迎
えます。開発ソフトにお金をかけるのは流行らなくなってきてます。

残念ですがアクセスやVBAもVBも終息の生きに入っています。
かろうじてMSはドットネットに向かってますがどうなるか。いず
れにせよWebを中心に「あっちの世界」を本気に作る理念でない
とこれからは厳しいと思います。

総務省の戦略
今後のキ−ワ−ドはユビキタスネット社会で「いつでも・どこでも
・何でも・誰でも」この新しい社会では、高齢者等を含め誰でも簡
単に機器やサービスを利用できる「ユニバーサル」な社会を実現。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
E-learningでは7月28日に行って来ました。
http://elw.jp/

いろいろありましたが、私が思うに学校用・会社用教材コンテンツ
開発を作成する業務が美味しいかもしれません。コンピュ−タがら
みをE-learningや英語のTOFELはたっぷりありました。オリジナリ
ティに目を付けることが大切かも。

E-learningになったら現在に教えることから脱皮した方がいいかも。
自分のとこのものを教材で作り、全く別のことをねらうことがいい
かもしれません。

E-learningはまさに「あっちの世界」です。開発用アプリケ−ショ
ンを1本購入し研究したほうがいいですね。10〜30万円程度のもの
がありました。早く触ってなれた方が方がいいですよ。

今は半年遅れることは3年の開きが出てしまいます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
私もサザンライブ湘南カメラは商売に始めています。
サ−フィンショップと集客ようのお店です。
少しずつお客にしてます。完全にあっちの世界で稼ぎます。

無料サイト
http://www.sazanbeach.jp/
有料サイト
http://www.0466.jp/


今日、NHKのニュ−スで東北地方を中心に中小会社が倒産してま
す。時代の流れです。構造に変化できないと負け組になっていきま
す。がんばってください。

私はブログを10カ所登録してます。「あっちの世界」の典型です。
コメント、トラックバック、PINGのコミュニケ−ション方法が
あります。新しい世界がきますよ!特にPING作法では
研究されたらいいと思います。

思うままに書きました。



> 江畑様
>
> お世話になっております。

>
> ご無沙汰しておりますが、その後お元気でお過ごしでしょうか。
> カメラの方はいかがですか?
> 湘南市場のWebサイトでは、茅ヶ崎と江ノ島のライブカメラが
> 設置され、着々と進んでいらっしゃるようで楽しく拝見して
> おります。
>
> その節は色々と貴重なご意見を有難うございました!
> 大変参考になりました。
> エンドユーザーを対象として仕事をしていくことについては、私

> これまで色々と苦い経験もあり、意味がないと感じたことも少な
> からずあります。
>
> 昨年の今頃、少々スキルを要する開発案件にめぐり合い、
> 色々知っている技術をうまく繋ぎ合わせてそれなりの効果が出る
> 開発をしたことがあります。
> その際に、上記の気持ちは益々強くなり、自分の成長のために
> も、今までのようにエンドユーザー相手の仕事をいつまでの続け

> いくより、もっと別のことに力を向けるべきではないかと強く感
じた
> 時期がありました。
>
> そんなことを漠然と思っているところに、江畑様のカメラのお話
> を伺い、夢があり、自分のもやもやした気持ちを一掃できるほど
> とても気持ちよくお話を伺うことが出来ました。
>
> これまでとは違った形で自分の出来ることをしていきたいと考え、
> ずっと模索をしていましたが、ようやく少し別の方向へ行かれそ

> に感じています。本当に有難うございます。
>
> をご紹介頂いたのも色々考えるよい機会
> となりました。沢山ヒントを頂くことができました。
> 6月〜7月と体調を崩してしまい、ビジネスの方は余り進んでい
ませんが、
> まずはエンドユーザーに対する自分の知識を使ってアプリケーシ
ョン
> の販売促進セミナーを企画させて頂こうかと思っています。
>
> また教育という分野で長年仕事をしてきたこととナレッジマネー

> メント学会に所属している関連で、心理学や認知心理学に対する
> 興味と若干の知識もあります。
> 営業で色々な方とお会いしていると、自分のITの話より、こうし
た話
> の方が興味を持って頂けることも少なからずあり、何か形に出来
> ないかと考え始めました。
> 自分の教育経験値をもう少し客観的に数値化し、学習方法や認識
> 方法、出来れば、販促・営業関連にも役立つコンテンツなどへま

> められないかと思案中です。
>
> また半年経てば違ったことを考えているかもしれません。
> ですが、今までのように教室の中で受講生だけを見て考え続けて
> いたときよりも、アイディアや可能性がずっと広がっていくこと
を感じて
> います。
> 率直なご意見にいつも感謝しております。
> 今後とも是非ともよろしくご指導のほどお願い申し上げます。
>
> それから少し伺いたいことがあります。
> 色々な方とお会いしていると、時代の流れから E-Learning につ
いても
> ちゃんと視野に入れておく必要があると痛感しています。
> 費用や準備期間なども結構かかるのだろうとは思いますが、まず
は何が
> 必要なのかなど、全体的なイメージを把握しておきたいと思って
おり
> ます。
> まだ先のことですので急いではおりません。
> お時間のある時で結構ですので、費用や導入までの流れなどに関
する
> 情報をお持ちでしたら何でも結構です。お知らせ頂けると幸甚で
す。
>
> 取り急ぎ、近況報告と夏のご挨拶をさせて頂きました。
> 毎日暑い日が続いておりますので、くれぐれもお大事にお過ごし
くださいませ。
>
>
posted by クリオ at 00:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。